« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月23日 (木)

うぉ・・・

昨日、夜勤明けに朝9時からやりにいってきました。睡眠時間は2時間くらいでしたが、椅子を並べて寝ただけなので寝たうちに入らない気がしますが。

んで、5品カードでプレイ。マッチング・・・
「キングギドラ」 覇王

( ゚Д゚)・・・(  Д ) ゚  ゚

いやぁー、朝一だとこんなこともあるんですね。現状だと貴重な体験だと思うので、勉強になりました。
(覇王がサブで低品だとか、私が覇王のカード借りてプレイとかすれば当たるけどね)
ちなみにこちらは袁呉、覇王は悲哀。結果は言うまでもないですが、武勇は-10でしたw

この対戦はともかくとして、寝不足はやはりダメだと思った。でも朝一は空いてるから行きたくなるんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

0220-0221

呉(R孫堅、旧R周瑜、SR呂蒙のいずれかが入ってるのが多い)か董卓入りにしか当たらないってのはどうなんよ?w
ま、元から使ってる人もいるんだろうから、文句付けられる筋合いがない人もいるとは思うけど、こうも多いとね。

続きを読む "0220-0221"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

むむむ・・・

バージョンアップしたわけですが、なんだか小気味よさがなくなった感じがするのは自分だけだろうか?
当たるのは呉軍ばかりです。弓と天啓が強いんです。董卓とは当たってませんが、どちらにせよ何とかしてくれる人は入れないとダメみたいですね。

とりあえず奮起劉備+甘寧試してみましたが、さっぱりでしたw
ま、これは試験段階ってことで、だんだん慣らしていこうと思う。

んで、今までのデッキを見直していこうということで
魏張コウ、R夏候淵、U典韋、R荀彧、曹植
前はR夏候惇を入れていたのを典韋に変更した。
割と良い感じで、討伐成功もあり。ですが浄化の計は一度も発動していないのがなんとも。雲散と違って浄化の方は判ってる人は妨害撃ってこないだろうしなぁ。
柵魅力は割と大きいのかも知れませんが。開幕の攻防から首都援軍撃てるまでが早いですし。でも曹植をテイイクにして、典韋をR惇に戻すと言うのもありかもな、と思ったり。陳グンは武力2弓で良いんですが、絵がアレなんで却下w
柵は無くなるが、ハルカという手もあるか。この娘も弱体化したんだけどね。
しかし荀彧はとても忙しい。玄妙反計が短くてとても不安です。マウント取っても右往左往という感じ。

SR黄月英、SR馬超、R黄忠、Rホウ統、夏候月姫
挑発弱体化ということで張松→月姫に。
黄忠の護衛、落雷で脳筋潰し、そして魅力持ちってのがなかなか良い。今まで槍はホウ統一本ということで、しかも伏兵は月英の護衛に使ってしまうので、黄忠が潰されやすかったりしたのが、少し改善された。
魅力があるのが意外と大きい。これで開幕で1.5。チャンスがあれば連環の法から加速装置に向かうタイミングが更に早まった。もっとも、前はそれより早く挑発を使えたわけなのだが。

夷陵の炎が強化されたので陸遜入りを
R諸葛亮、R陸遜、R魯粛、R馬超、虞翻(総武力20柵3伏兵1)
同盟して風吹かせて夷陵できたらいいね、と。
焼けると気持ちが良いが、やはり生で士気8は重いですね。陸遜自身のコスト2で武力5と言うのも厳しいし。せめて6あれば。
あと、夷陵は守勢、城防衛には使えないのでもう一本火計があった方が良いですね。そういうわけで虞翻にしてみた。呂範と迷ったのだが、やはり歩兵より弓兵ということで。
士気貯まり次第同盟するより、士気満タン近くなってからの方が良いようです。同盟しないなら魯粛を朱桓にする方が安定するかも。別に槍兵が要りますが。
でも単色か同盟しないと士気9になった時に、それ以降の士気増加が捨てられてしまうのがもったいないし、火計や夷陵を生撃ちした場合残り士気が1か2になってしまいとても不安定。再起でカウンターされてしまいやすい。素の武力が低いので、それが一番厳しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

え、もうなの?

明日からバージョンアップらしいですね。

全国大会の途中(一応店舗大会は終わってますが)でのことに少々驚きました。
エリア大会進出の人は大変だなぁ、と。
北海道の場合だと一週間弱でエリア大会です。それまでに慣れておけ、とは結構厳しいこと突きつけてきますね。
や、私は行けてないんだけどね。

バージョンアップしたら奮起劉備使うぜ、とか言ってた反面こういうこともあるのでちょっとね。
ロケテの終盤の情報からだと、神速が無調整で車輪がでかくなって対抗、という感じなのかと思ったが、
大会優勝の車輪使いがいったいどれだけいるのか、と。

鬼神の安易な強化が下がったのは良いかな、と思いますが後方指揮は+2なのはどうかと。
苦しめられてきた側すら言っている件ですので、ロケテの意味が問われる気がします。法正の出番がもっとなくなっちゃうしね。
精神統一の強化も理由がわからんしね。士気4で武力が5も上がって浄化もされちゃあかんでしょ。

ウチのデッキへの影響だと、袁呉デッキが若干ダウン、反逆は「時間調整」ということで不明。韓遂だけの調整なんだろうか?
全軍突撃、指揮が強化なので涼他はアップ。全突デッキが増えないことを願うw

追記
現バージョンラスト記念(?)でやってきた。
ちょっと強烈なのに当たったので書いておこう。
U許緒、U典韋、R楽進、劉表、何進、何太后
こっちは袁呉デッキだったので伏兵無し。ダメージ計略も妨害計略もなし。
負けましたよ。一点突破から許緒弓と典韋ワイパーで寄ってくる奴をボコって何兄妹を城壁貼り付かせて色香で回復して・・・と言う感じ。
攻城兵入りならなんとか、とも思ったがどうにもならない。魏軍の三枚は知力以外は一線級なので、そこにつけ込める奴が居ないことにはどうにもならないかな、と。SR周瑜がいれば・・・馬鹿さえなんとかすれば、ということか。
騎兵も挑発もない時点で敗色濃厚だったわけ。
また、色香が敵に回すと武力低下時間もそれ程長く感じなく、上手く叩かないと武力0とはいえ兵力満タン近くあるのでなかなか潰せず、士気2で撃てるのがやはり厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

みゃあ゛ぁあ゛ぁ、ちゅかいたいのほぉぉぉ(みさくら

やっぱり新カード引くと使ってみたくなるなぁ。
でもバージョン上がるまで使わないでおきますわ。
ってことでデッキだけ考えてみた。

奮起劉備、SR甘寧、SR馬超、張松、カンタク
奮起劉備、SR甘寧、R姜維、SR呉夫人、程普or朱桓
奮起劉備、黄蓋、新R関羽、R太史慈、張松

呉入りなのに虞翻や周瑜が入ってないのはらしくないのだが、火計はこの際諦めた。
朱桓なら武力5で普通に戦えて、ダメ計にも強いってことで選択肢かな、と。荀彧対策にもなるかもしれないしね。新R周瑜で騎兵入れるのもありだが武力は不安。それならR徐庶のがいいかもしれない(知力+1、伏兵)
奮起戦法→奮起号令って繋ぎも多分出来るんだと思うので、試してみたいと思う。
推挙白銀なんかも、どれくらいやれるか楽しみではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

060207-今日は割と

調子が良かったかな、と

まずプレイしたのが
新R馬超、高順、黄蓋、虞翻、呉夫人・・・やっぱり勝てないw
んで虞翻をカンタクに変えて再挑戦。一勝一敗

新R馬超、廬植、皇甫嵩、馬騰、サイヨウ
前回公孫サン入りだったのを馬騰を引いたので交代。
これが結構ハマリ二勝一敗。
相手:SR董卓、突撃馬超、R張遼、Rカク
虚誘対策として馬騰の指揮が役立ちました。相手が四枚ということで討伐令はお預け。ちなみに士気満タンからなら指揮→討伐令重ね掛けももちろん可能です。効果時間の関係で重ねと言うより繋ぎという感じですが。セリフが「突破しろぉ」で同じなのがワロタ
指揮→カクに封印の計が決まったときは「よっしゃ」と言う感じでした。向こうは暴虐してきましたが、槍で迎撃しつつ各個撃破。サイヨウは当然端を走りました。
馬が多くなると自然とスキルが上がっていく感がありますね。気のせいかも知れませんがw

R太史慈、丁奉、劉備(袁)、張コウ(袁)、淳干瓊
二勝一敗でした。相変わらず三戦目はダメだなw
やはり劉備加入は正解ですね。相手の号令で崩壊しやすいところを転身やしんがり役でフォローしたり、伏兵踏み、いいタイミングで復活し城防衛などに活躍してくれます。
紀霊が知力4とかなら話が変わってくるところ。トウ頓は身軽さはありますが、特技無しで強化戦法ってのが厳しい。

これで終わると一部からブーイングが出そうな気がしたのでw
SR甘寧、R孫策、R孫尚香、丁奉、虞翻
攻城兵入りもちゃんとやってきましたよ。なんと討伐成功だし。
予想通り高武力騎兵の方が相性がいい模様。相変わらず伏兵処理は大変そうだけどね。
相手:R馬超、R黄忠、U張飛、張梁、KDA
ちょっ、33デッキキター。ステージは陣境左右に岩場。甘寧城門直行、虞翻柵は真ん中(これはちょっと失敗)その左右に丁奉、孫尚香。城門前に孫策。意外と定番な配置。
相手は左一点突破。甘寧は方針通り直行。伏兵がないので、孫策が甘寧フォロー。丁奉は逆サイドだったので攻撃的布陣で虞翻の前に出て攻撃。孫尚香ワイパーで歩兵隊潰し。
すると孫策と張飛で一騎打ち発生で勝利。馬超・黄忠vs孫策・甘寧という熱い展開に。
熱いと行っても攻城兵なので粘るだけ。そこで増援の法で回復し、丁奉も参加。馬超を落とす。弓で撃たれながらも攻城ゲージ8割ほど貯まったところで相手再起。黄忠に突撃して弓を止めて城門一発。そこで二人倒れて仕切り直し、と言うのがいつもの展開ですが、孫尚香が防戦を終えて前線へ、そして「呉への援軍」!出てくる部隊も落とし城門もう一発入れて落城させました。これだから攻城兵はやめられない。ステージ勝ちって感じもありましたけどね。

今日の収穫:R呂布(三枚目)、奮起劉備
バージョン変更の一番の原因キター!w
前に書いた通り、現バージョンでは使いません。どうしよう、取っておくか、呉のSRとトレードするか。
ま、蜀SRなので保持ってことにしようかな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

0131-0201

31日。仕事帰りにプレイ

先日組んだデッキでプレイ
新R馬超、高順、黄蓋、虞翻、呉夫人・・・未勝利に終わる。
そこで金神さん登場したので、いつも通り店内対戦。

劉秀:↑のデッキ
金神:張コウ(魏)R夏候惇、Rカク、Rスウ、リカクカクシ
こっちは舞されると火計も突撃もできない、金神さんは槍がないので全軍突撃が恐い、とお互いにやりにくい相手ではあります。
結果は負け・・・攻城兵対決で初黒星かもしれない。
こっちの計略には虚誘掩殺されてしまい、突撃も時間が足りずメタメタに。

再戦を挑む
大徳劉備、SR黄月英、SR趙雲、孟達、張松
降ってわいたようなデッキですが勝利しました。別に向こうに槍がないから趙雲の神速でやりたい放題だと思ったわけではありませんよ。
とはいえ低消費で超絶できる反逆を入れてる辺りは今にして思えばずるいと言うか、対策してる感じがしますね。

んで、今日も行ってきたのですよ。月頭にしてお金が無くなってきましたw(それは大戦のせいではないが)
新R馬超、高順、黄蓋、虞翻、カンタク
ちょっと改良してみた。推挙突撃や推挙陥陣営とかね。カンタクが伏兵で武2槍なのも良いな、と。結果は一勝二敗。SRホウ統なんて嫌いですw
SR甘寧、R太史慈、R孫尚香、丁奉、虞翻・・・未勝利
イマイチ扱いが判らない。高武力騎馬を入れた方が良いような気がする。甘寧で槍消して連突、みたいな。

R太史慈、丁奉、劉備(袁)、張コウ(袁)、淳干瓊
あのデッキをさらに入れ替え。槍三枚構成に。
劉備か淳干瓊を呂蒙なんてのもありかな、と。阿蒙の士気5は微妙に重いが。
んで討伐成功。増援の法がまだL5ってのがアレだが、良い感じ。
相手:大徳劉備、R姜維、SR馬超、R徐庶
お互い膠着のまま終盤、こちらが全軍で敵陣ににじり寄ると、相手は城から出て大徳。待ってましたとばかりに「転身」
そして改めて出撃し烏巣の断末魔と麻痺矢戦法発動して迎え撃つ。そこで姜維(武12)と劉備(武5)で一騎打ち発生!気合いで勝利。「喧嘩両成敗!」意味はよくわからんがすごいぞ劉備!
全滅させ落城勝利でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »